ゼロバイゼロがリデザインした「特別本醸造 苗場山 」が「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」会場にて発売中

ロフトワークの主催するRoooots 名産品リデザインプロジェクト 2012にて、ゼロバイゼロがリデザインした「特別本醸造 苗場山 」がファッションデザイナーの小野塚 秋良 氏やグラフィックデザイナーの佐藤 卓氏らの評価を得て入選し、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」に合わせて商品化されました。現在、会場にて発売中。おみやげにぜひどうぞ。

大地の芸術祭は9.17(月)まで。新潟・越後妻有で、里山とアートと「苗場山」をぜひお楽しみください!

雪のめぐみ (designed by ゼロバイゼロ)

クリエイターからのコメント:
越後妻有、苗場山に降る白雪は、山中でやわらかな水となり、それがおいしいお酒となってわたしたちの手元に届きます。その一連のストーリーをワンカップにギュッと詰め込みました。

このプランでは、ワンカップの側面に水玉(パンチング)模様を施し、これにより苗場山に降り注ぐ雪を表現しています。側面同士の重なりあいにより、モアレ模様が発生します。この模様は、商品と人の位置や角度、ボトル中の水量(空気と水の屈折差)によって繊細かつ多様に変化します。これにより、苗場山にぱらぱらと降る雪をアニメーション的に表現するとともに、お酒の甘さを視覚的に際立たせます。

審査員からのコメント

● これはすごくいいですよ。美しい。柄から透けて見えるモアレがきれいです。(小野塚 氏)

● 液体が入るとレンズ状になるから、この柄が実際どう映るのかを見てみたいですね。(佐藤 氏)

● 平面的でなく、立体的に「降り注ぐ雪」をデザインしているところが面白いです。(ロフトワーク 林 千晶氏)

via loftwork.com

2016-12-06T15:02:08+00:00August 29th, 2012|作品, 出展イベント|